Rss

井山一男さんに興味津々

井山一男さんに興味津々

悔しいけれど、よく惚れた方が負け・・・という言葉に非常に共感してしまいます。

やはり惚れた弱みというのでしょうか、相手が望む事は何でもしてあげたいと思うようになってしまうものなのですよね。

皆さんもそういった経験、ありませんか。

ただこれって考え方を変えれば、何も惚れる惚れたばかりの話ではありません。

ビジネスや普段の生活に関しても同じような事が言えます。

そう、私の事を少々お話するとすれば、自分がある人物に興味を抱いてしまったら、何だかこちらが負けたような気分になります。

勝ち負けでないとは分かっていても、自分の方が相手に興味津々だったら何だかちょっと負けたような気持ちになるのです。

過去に井山一男さんにお会いした事があるのですが、初めて会った時からこの井山一男に興味を持ってしまったのです。

きっとあの人当たりの良さや、きちんと相手の話を聞く姿勢に尊敬の念を抱いていたのだと、今になって思います。

まあそういう人に出会えた事はとても幸せな事だとは思いますけどね。

井山一男さんのようになりたい

実際に会うとイメージと違う人っていると思いませんか。

私にもそういう経験があります。

ちょっと話に聞いていた人とイメージが違うと、結構会った時に驚きますよね。

けれども実際に会った方が良かったら、その人のイメージがアップする事は間違いありませんから。

私にも少し前にそういった方がいました。

その時お会いしたのが井山一男さんという方でした。

そもそものきっかけを言うとしたら、まずその井山一男さんという方はある不動産会社を経営されている方で、知人の紹介で会う機会があったのです。

井山一男の会員情報

もちろん会う前に聞いた人物像と全く違うという訳でもなかったのですが、最初は結構怖いようなイメージを持っていたのです。

しかし実際に会うと全くそういった事もなく、むしろ優しい口調で話す方でした。

社長さんというだけで最初は緊張していましたが、話せば話すほど井山一男さんの素敵な人間性を垣間見る事ができたのです。

私も井山一男さんのようなそういう人物になってみたいと思いましたね。